青汁の原材料はどれを選ぶ?

青汁のあの、グリーンは明日葉や大麦若葉、ケールなどを絞ったものだと言われています。この原材料は昔、ケールのみを利用したものも多く、栄養価が高くて安定した供給がある代わりに、非常に苦みがきつく、野菜特融の青臭さも強かったと言われています。今もケールを使った青汁は、飲みなれている人の進められるものなのだそうです。


青汁初心者は大麦若葉を

青汁をまだそんなに飲みなれていない、普段飲んで過ごしていないけれどこれから始めたいという人には、大麦若葉がすすめられているそうです。苦みやにおいがすくなく、抹茶のような少し濃い味がする程度なので、味覚が敏感な人も抵抗が少なく飲めると考えています。飲みやすさでは緑茶と大麦若葉を独自にブレンドしているものの人気が高いようです。


独自のポリフェノールを含む明日葉

明日葉とは、明日葉茶などでも親しまれているものです。お茶になっていると考えると飲みやすそうですが、漢方のような味がするということで、大麦若葉などとブレンドされて利用されているものがほとんどです。カルコンという名前のポリフェノールの含んでいるもので、古くは明日葉の産地で知られている八丈島で、高麗人参の代わりにもされてきたと言われているそうです。

Posted in 青汁 | No Comments »

Comments are closed.